マルセイユタロット的ハッピーライフを提案するブログ。携帯からの最新記事は以前の記事からどうぞ


by miyano-sophie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TAROT BAR Rosyへの寄稿文

今日は11/29だから、イイニクで肉の日かなぁ?と思ったら案の定
イイ肉の日」でした!

昔よく通っていた横浜のいわゆる「家系ラーメン」のお店では
毎月29日が「肉の日」で、その日はチャーシューの切れ端を
好きなだけ丼に入れていいというサービスをしていました。
「イイニクの日」と聞いて真っ先にその事を思い出した
食いしん坊な私です。

最近はベジタリアン人口も増え、その理由も様々聞きますが、
今の私はベジタリアンではありませんが
食事の前には必ず「いただきます」という言葉をかけて
から食べています。

とあるドラマ中の日常会話ですが、外国(アメリカ)には
「いただきます」に該当する言葉がない。
日本人は食に感謝する習慣があって素晴しい。でも、何に対して
「いただきます」なのか知っていますか? と
聞かれた日本人の方が答えられずに詰まってしまうのですが、
何故だか、ご存知ですか?

食卓に並んだ、牛や豚や鳥や魚や野菜たち食材に対して
あなたの命を私の命に代えさせていただきます
ということなのですよ、とそのドラマの中で言っていました。

美しい伝統だな、と感心し、今まで以上に意識して
言うようにしています。

ところで、これが本当の由来なのかどうかは、恐らく確かめようが
ありません。

なぜなら、「いただきます」を言う法律があったわけでも、
事件でもないので「歴史」という形で記録されていないからです。
だから誰が最初にいただきますと言ったかは、もうわかりません。

ただ、日本古来の「伝統」として現在に受け継がれているのです。


実は、タロットもそうなのです。
いつ、誰が、タロットを作ったのか?は誰も知りません。

ですが、タロットは「伝統」として、今に受け継がれています。

それゆえ、「タロットの起源は謎に包まれている」という
表現をよくされているのです。

私は知りたがりなので、この辺りのことにも非常に興味を
持っていますが、そんなコムズカシイこと知らなくても、利用すれば
いいのですよね。 今目の前にあるそのパソコンがどうやって
動き、どうやってインターネットは繋がっているのか?など
知らなくても充分楽しんでいるように・・・

と、いうわけでこの謎めいたタロットで、ご自分の心の中を
確認してみませんか?

それでは、
今夜もRosyでお待ちしております。
[PR]
by miyano-sophie | 2007-11-29 00:00 | TAROT BAR Rosyへの寄稿文