マルセイユタロット的ハッピーライフを提案するブログ。携帯からの最新記事は以前の記事からどうぞ


by miyano-sophie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

SOLITAIRE カードの歴史

今、私の使っている携帯電話にプレインストールされていたアプリの中に、
SOLITAIREという、トランプカードゲームがあります。

だから、電車の中の移動中の、読書するほど時間が無い時などには
よくSOLITAIREをして遊ぶのです。
他にポーカーとブラックジャックがあるのですが、
私は頭を使うソリティアがスキ。

最初は暇つぶしのつもりが・・・

気が付くと、思いっきりハマっているのです。怖い(笑)

中毒性があるのですね。

その昔。14世紀、15世紀のあたりのお話。

マルセイユ版タロットカードが生まれたフランスの
プロヴァンスやラングドック地方では、この頃ようやく、製紙技術が伝わり、
タロットカードやトランプが作られるようになってきました。

この地域は、今ではフランスのイチ地方の・・・田舎というような扱いかも
しれませんが、当時は西洋でも指折りの最先端の地域だったそうです。

でも、テレビもないし、インターネットもないし、電話もないし、車もないし。
やることと言ったら・・・・本当に何も無い(笑)
戦争に行ってるか、仕事しているか、てなもんだ。
そこに、この遊戯カードが登場したら・・・

文明の只中で生活している私でさえ、こんなにハマってしまうのに、
と思うと、ものすごく、ものすごく流行したことは容易に想像がつきますよね。
戦場にだってポッケに忍ばせて携帯できるし!!

で、どの位流行したかというと、

  教会が、ゲーム禁止令を発令した
  カードを販売するのに、ものすごい多額の税金をかけた


などが歴史として残っています。それぐらい凄かったのですね。

そんな歴史を持つ、トランプやタロット。

ゲームだけでない、占いだけでない、色んな使い道がある手のひらほどの紙きれ。
そんなタロットに出会ってしまって、私の人生は一変してしまいました。
いい意味で。

カードで人生が変わるなんて!
でもだから面白いよね。

と、いうわけで、もうすぐハイスコアだと思ってBETを多くした時に限って
連敗が続いて、絶対挽回してやるぅぅ!!と思っているMIYANOでした。

良かった、ただの携帯アプリで(笑)
d0132212_21483844.jpg

[PR]
by miyano-sophie | 2008-02-29 21:53 | タロット