マルセイユタロット的ハッピーライフを提案するブログ。携帯からの最新記事は以前の記事からどうぞ


by miyano-sophie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

花粉症状の顛末

花粉が飛散しまくる一番大変な3月をなんとか無事に乗り切った・・・
・・・と思ったら思わぬ落とし穴が。

結局、薬などの摂取をすることなく、このまま終息に向かいそうなのですが、
先日、目の周りがイタガユくなってしまいました。
ただカユイのならば、我慢出来てたのですが、このイタガユさは・・・モノモライ前兆?
と思って、眼科へ行きました。

コンタクトレンズを装着しているので、たまに併設の眼科での検診はしてはいるのですが・・・

その眼科で、まず、「併設の眼科」がいかにイイカゲンで問題があるのか とか
コンタクトレンズを装着したままうっかり寝てしまうことに対する警鐘・・・というより
厳しく説教され、ションボリする私に
「あなたには、今回薬は処方しません!一週間後にまた来てください」
と宣告されてしまいました。

ショボ━(´・ω・`)━ン  としてしまいました。
私自身はイタガユいんだけど、症状的には「なんともない or ちょっとした花粉症の症状」
だったのだと思う。 
(ヤケに鼻水出ますか?出ますよね?と言われたし・・・ でも鼻水は垂れないので
 嘘をつくわけにもいかないし、困ってしまいました)

すっかり委縮した私は、目薬を出してもらえないことについて言及する気力もなく
病院を後にしたのでした。

一週間後、様子を見せに行く頃には、すっかりイタガユさも消え、
全く何ともないけど、そのまま行かないのもナンだと思い、受診すると、

イタくもカユくもないのに
「アレルギー症状が出てますから、目薬を出します」 と診断されました。

そりゃ下まぶたをめくってみると、多少充血してはいますけど・・・・

そんなわけで、せっかく西洋医学のチカラを借りずに乗り切れそうだった
私の花粉症でしたが、「点眼する」という治療に手を染めてしまったのでした。

でもこの頃はスギ花粉もヒノキ花粉もあまり飛散していないようで、
メガネもマスクも装着せずに外出出来て幸せです。

ちょうど、新年度に合わせるように東京の桜が満開になって
街が美しい光景で、目の保養をしてくれています。

いつから花より団子じゃなくなって団子より花になったかな~
年を重ねるっていいこともたくさんありますよね。

053.gif鑑定のご案内についてはコチラをご覧下さい
[PR]
by miyano-sophie | 2009-04-06 14:04 | 日常