マルセイユタロット的ハッピーライフを提案するブログ。携帯からの最新記事は以前の記事からどうぞ


by miyano-sophie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

数の宇宙

本屋さんにて
皆既日食のグループにしれっと並んでいました。
「科学っぽい」って事なのかな?(笑)

でも、表紙からして私にはものすごい存在感がありました。
思わず手にとって、パラパラめくっては元に戻し、
他のコーナーへ寄り道してまた戻ってきては
手にとってパラパラめくりを繰り返し・・・・
だって、衝動買いするには、ちと高額の5800円(税抜き)ですよ!
でも、最終的には、手にとって、レジへ向かっていました。

d0132212_1617947.jpg


だって、表紙からしてコレなんですよ!!
「ビジュアル版」なだけあって、中には写真、宗教画、肖像画、銅版画など
盛りだくさん。


「数」は人類が誕生する前からずっと宇宙に存在していた。
だた、地球上で唯一、人間だけが数を認識し、操作する生き物だ

「数」の言葉は、どの国でも共通している
(1+2の答えがA国では3でB国では5という事はない)

などなど、当たり前かもしれないけれど、
私にとっては思わず膝を打つような事が書かれている。

もう、目から鱗でした。
まだ、ほんの数ページしか読んでないけど、楽しいです。

今でこそ、小学生で足し算、掛け算、など普通出来るけど、
ほんの500年位前には、まだヨーロッパでは
ゼロの概念が浸透していかなかったから
紀元前1年の次が紀元1年 となって
だから紀元後2年にキリストは1歳、3年にキリストは2歳になって・・・・
2000年は20世紀で、21世紀は2001年からでキリスト生誕2000年は2001年
というなんともややこしい事になってるんですね。

マルセイユタロットも、「ゼロ」ではなく「数が無い」のはそういうこと
ですね。
でも、「ゼロ」という概念がない中で、ゼロに限りなく近い発想が
存在しているんだから、やっぱりマルセイユタロットは
すごいなーと
改めて思うMIYANOでした。

ところで、 7÷0 の答えは何だかわかりますか?

053.gif鑑定のご案内についてはコチラをご覧下さい
[PR]
by miyano-sophie | 2009-07-06 17:00 | 本・映画・メディア