マルセイユタロット的ハッピーライフを提案するブログ。携帯からの最新記事は以前の記事からどうぞ


by miyano-sophie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:本・映画・メディア( 36 )

数の宇宙

本屋さんにて
皆既日食のグループにしれっと並んでいました。
「科学っぽい」って事なのかな?(笑)

でも、表紙からして私にはものすごい存在感がありました。
思わず手にとって、パラパラめくっては元に戻し、
他のコーナーへ寄り道してまた戻ってきては
手にとってパラパラめくりを繰り返し・・・・
だって、衝動買いするには、ちと高額の5800円(税抜き)ですよ!
でも、最終的には、手にとって、レジへ向かっていました。

d0132212_1617947.jpg


だって、表紙からしてコレなんですよ!!
「ビジュアル版」なだけあって、中には写真、宗教画、肖像画、銅版画など
盛りだくさん。


「数」は人類が誕生する前からずっと宇宙に存在していた。
だた、地球上で唯一、人間だけが数を認識し、操作する生き物だ

「数」の言葉は、どの国でも共通している
(1+2の答えがA国では3でB国では5という事はない)

などなど、当たり前かもしれないけれど、
私にとっては思わず膝を打つような事が書かれている。

もう、目から鱗でした。
まだ、ほんの数ページしか読んでないけど、楽しいです。

今でこそ、小学生で足し算、掛け算、など普通出来るけど、
ほんの500年位前には、まだヨーロッパでは
ゼロの概念が浸透していかなかったから
紀元前1年の次が紀元1年 となって
だから紀元後2年にキリストは1歳、3年にキリストは2歳になって・・・・
2000年は20世紀で、21世紀は2001年からでキリスト生誕2000年は2001年
というなんともややこしい事になってるんですね。

マルセイユタロットも、「ゼロ」ではなく「数が無い」のはそういうこと
ですね。
でも、「ゼロ」という概念がない中で、ゼロに限りなく近い発想が
存在しているんだから、やっぱりマルセイユタロットは
すごいなーと
改めて思うMIYANOでした。

ところで、 7÷0 の答えは何だかわかりますか?

053.gif鑑定のご案内についてはコチラをご覧下さい
[PR]
by miyano-sophie | 2009-07-06 17:00 | 本・映画・メディア

天使と悪魔

映画「天使と悪魔」を、やっと見てきました。
数年前、小説が書店にズラっと並んでいる時も、気にはなりつつ。

ロードショウということで、盛んに宣伝をしている頃にも
気にはなりつつ。

そんな時、人にリーディングして頂ける機会が
あったのでタロットカードに聞いてみることにしました。

「私は、天使と悪魔を映画館で観るべきでしょうか?」

More
[PR]
by miyano-sophie | 2009-06-22 19:54 | 本・映画・メディア

一途な思い

先日、「おくりびと」がアカデミー賞を受賞しましたね!
それに伴って映画化になるまでのエピソードがあちこちで
報じられていましたね。

そんな中、デーブスペクターさんが、「モックンと奥様の出会い」
の場にいたんだ、と話していました。

この時、映画関係の仕事で、ハリウッドに行ったとき
向こうのボランティア通訳のような感じで奥様と
出会ったのが最初だそうなんですが、

ワタシの記憶が正しければ、91年頃、モックンが司会を
務めていた番組の、フリートークの中で、
最近恋をしているか? というような話題をフられたときに
「すっごい素敵な人と出会ったんだけど、その人とは
1回しか会ってなくて、これが恋なのかどうなのかわからない」
--ならもっと会えばわかるんじゃない?
「留学してて遠いところにいるの」
「会いに行くことは出来なくはないけど、それで留学で学んでいることを
邪魔するんじゃないかと思うと、会いに行くのを躊躇しちゃう」
「しかも、相手は自分の気持ちに気づいてないし」

と、話していたのが、なぜか忘れられなくて覚えていました。

それから何年かしてモックンが結婚するという事になったとき、
「あの時、↑言っていたのは、彼女のことなんだーー!」
と勝手に確信しました。

マジメで一途なモックンの「納棺夫日記」を映画にしたい
という一途な思いが、結実したんだな~と
この度の受賞の報を聞き、しみじみと思います。
オメデトウゴザイマス!!

純粋な一途な思いは、きっと必ず結実する。

これは、マルセイユタロットの、「愚者」が「世界」を目指す旅
としてそのままが現れていますね。

アナタの純粋な思いは何ですか?
結実に至るまでには、様々な試練や喜びがあることでしょう。
そういうことが必ずあって、そしてやがて結実するんだと
知っているだけでも、歩む道がラクになりますよね?

純粋な一途な思いは、きっと必ず結実する。

頑張って生きていきましょう!

053.gif鑑定のご案内についてはコチラをご覧下さい
[PR]
by miyano-sophie | 2009-02-28 15:22 | 本・映画・メディア
これが年内最後の記事アップであろうと思い、
まずはここに年末年始のご挨拶を
させて頂きます。

今年は茶福楼さんという素敵なカフェとのご縁が出来、
また色々な方と出会うことが出来ましたこと、
本当に感謝申し上げます。 どうもありがとうございました。

私自身、探求に終わりはなく、タロットの更なる探求を
続けております。

来年もより多くの皆様とお会い出来ることを楽しみに
しております。
鑑定の予定につきましては、年が明けてから
お知らせさせて頂きますのでよろしくお願い致します。

それでは、皆様、よいお年をお迎え下さい!




さて。
表題の内容に移ります。

この記事を年始に書いたので、年末はこれを考察出来たらいいなと思っていました。

いやーそれぞれの占いが、それぞれスゴイことになってますね。

新種のウィルスが飛んでくるかもしれない
とか
アメリカが・・・なので日本が頑張ってもダメ
とか
海外がうそつき、信用が出来ない
とか
投資は長期で
とか

えーーその通りになっちゃいましたよー!
というモノがありますね。
さすがですね。

来年は、どんな年になるでしょうか?
ひとつ、言えるのは、大きな流れがあるとしても
結局は自分がどうしたいのか、が最重要になるということ。
どうしたいのかがあって行動を起こす。
その信念が、正しいものならば、岩をも動かす力になるのです。
運命だって後押ししてくれる位のパワーを呼び込みます。

自分で自分の運命を切り拓いて生きましょう!
その時の、判断材料として占いを、タロットを
大いに活用して下さい。

占いは信じるのではなく、使うものです。

053.gif鑑定のご案内についてはコチラをご覧下さい
[PR]
by miyano-sophie | 2008-12-29 14:44 | 本・映画・メディア

駅神

もう随分前からぼんやりと思っていることがあります。

それは、私のタロット使いの最終目標は、タロットを使わないことです。

その域に辿り着けるまで、日々精進、日々勉強です。
目に映る全てのことが、勉強材料です。


さて、先日、書店をうろうろしていて、何気なく取った文庫本が面白そうだったので
お買い上げしました。

表題にある、「駅神」(著:図子 慧)です。

駅の四番線にフラッと現れる、不詳の神出鬼没の易者、通称ヨンバンセン。
プロの易者や易学校の人たちが、ヨンバンセンに占ってもらった人を探してきて
詳しくインタビューし、検証し、自分達の勉強材料にしている様が
描かれているのです。

普通、易占というと、筮竹という棒を使うか、簡易化してコインを使うかして
占うことが多いと思いますが、このヨンバンセンは、無筮占法で占います。
つまり、何も使わずに占うのです。

それが随分前から考えてた事と重なり、私は嬉しくなりました。

小説自体も面白く、読みながら易の基礎知識や象徴の考え方などが
わかりつつ、そして、巻末には 陰陽、八卦、六十四卦の意味、そして占い方まで
載っている、豪華なオマケ付き!です。

この本を読んで、大いに刺激を頂きました。
応援してくださる皆様、いつもありがとうございます。
MIYANOはこれからも頑張ります。

053.gif鑑定のご案内についてはコチラをご覧下さい
[PR]
by miyano-sophie | 2008-10-29 13:06 | 本・映画・メディア

知りたい欲求が・・・

近所に大型書店が3つあります。
一番利用するのが、A書店
一番好きなのがB書店
一番遅くまで営業しているのがC書店

なのデス。

A書店は通り道にあるということもあり、よく寄るのですが、
私の嗜好的な品揃えからいうとイマイチなのです。
そこへいくと、B書店のチョイスはなかなかお気に入りです。

だから、B書店に寄る事があると、ついつい長居をしてしまいます。

先日も、B書店に行ったとき、この本に惹かれて
買ってしまいました(笑)

d0132212_23315499.jpg
大槻 真一郎著
税込価格 : ¥1,260 (本体 : ¥1,200)
出版 : ガイアブックス
発売 : 産調出版
サイズ : 21cm / 121p
ISBN : 978-4-88282-673-6
発行年月 : 2008.7




まだパラパラ読みではありますが、錬金術と
マルセイユタロットは本当に深い繫がりがあるわ~というのが
まず第一の感想デス

この本に記載されている錬金術(入門)に欠かせない数々の事柄が
マルセイユタロットの一枚一枚の図柄に様々な形で埋め込まれているのが
改めてよくわかるからです。
[PR]
by miyano-sophie | 2008-07-24 23:34 | 本・映画・メディア

見逃しませんでしたよ!

「魔王」を見ました。

ご覧になられた方、いらっしゃいますか?

タロットカフェ「ガランサス」の、ディスプレイには、何冊かタロットに関する本が
置かれていたのは、気が付きましたか?

その中に、私の使っているタロットの本が
陳列してあるの、私は見逃しませんでしたよ!!

また「ガランサス」のシーンがあるときは、ぜひ、注目してみて下さいね(笑)

それにしても、2006年に深夜のフジテレビで「劇団 演技者」で
生田斗真くんが座長を務めた時から、色んな意味で彼に密かに注目していましたが、
このドラマでも楽しませてほしいと思います。
[PR]
by miyano-sophie | 2008-07-06 09:57 | 本・映画・メディア

バンドライフ

木曜日/満月 → 金曜日/水星逆行終了 → 本日土曜日/夏至

という、一大天体ショー的な、今日この頃、皆様何か、変化が起こったりして
いませんか?
ここ数日で、膨らませていた風船が限界まで膨らんで、とうとう破裂しちゃった
ような感じがしてません・・・か?

私個人的には、まさに風船が割れたような感じがしたもんで。

で、その風船が限界まで膨らんでいく最中にこんな↓本読みました。
d0132212_22394367.jpg

バンドライフ―バンドマン20人の音楽人生劇場独白インタビュー集 (単行本(ソフトカバー))

少し前に発売したのは知ってたけど、本屋さんで手にしたときに
何だか知らないけどやけに読まなくちゃ!という使命感に駆られまして。

かといって、昔、インディーズに傾倒してた、とか、髪の毛金髪でした、とか
じゃあないんだけど。
正直、人は知っているけど、どなたのCDも持ってない・・ッス
なのになんだか読まなきゃ!って思ったんですよね。

水星が逆行している時には旧友から連絡が来たり、何か再会したりする
というから、その影響なのかもね。

インタビューした時期が2005~6年あたりで2,3年経ってるんだけど
何か理由あるのかな? 
その間にもこの人たちは、ロックでロールし続けてるから今また状況が違う
人も大勢いそうだね。

それにしても、あの頃の音楽業界っていうのはすごかったんだなぁ~
あ、悪い意味で。
まぁ、ロックでロールな人というのは、同時に不器用な人種でもあるからね。
ただ純粋に好きで若くしてプロとしてやり始めたから、
お金の流れとかを知らないばっかりに
思いっきり事務所に搾取されてるのに
安月給で何にも知らずにやってたこととかを何人も告白してる。
レコード会社との契約金が1億円なのに、給料7~8万だよ!!

あと、事務所のコントロールの仕方のえげつなさと言ったらもう!
メジャーとインディーズの越えたくない(?)壁とかもそうだし。

「あの時ほんとのちょっと1個ボタンを掛け違えた」ことで人生が全然変わっちゃう
ってことってホントにあるんだよって言うのがよくわかるね。
良くも悪くも。
まぁ、パンクな人が、オトナに迎合してたらパンクじゃないからねぇ・・・

インタビュアーの吉田豪氏が、これまた事情通だから、本人が忘れているような
とこをうまく聞き出すんだよね。

と、いうわけで今日は異色な本を紹介してみました~
今日から、太陽は蟹座だよー!!
タロット的にも、2008年6月21日は、「XVIIII・太陽」な日。
太陽が一番長く長くいる日にねぇ。
雨降っちゃったけど。
[PR]
by miyano-sophie | 2008-06-22 01:28 | 本・映画・メディア

「西の魔女が死んだ」

結局、「西の魔女が死んだ」を読了しました。
やっぱり、トカイの人は、イナカの暮らしが新鮮なんでしょうね?
d0132212_21363319.jpg

主人公はきっと立派な魔女になれるわ!と思いながら、本をとじました。

ところで、最近は、魔女や魔術ブームなんでしょうか?
近所の大型書店へ行ったら「魔術フェア」をやっていたんですよ!005.gif
通常は、本屋の中でも奥の方に、ひっそりと少数置いてあるような
本気モードの魔女や魔術に関する本が、表舞台に引っ張り出されていて、びっくりしました。

思わず買い占めたい!!という衝動に駆られましたが、この手の本は
数千円~ が基本。 ちょっと、簡単に手は出せず039.gif
店を後にしましたけど。

もうじき、太陽がピーク(夏至)を迎えますね!
長い昼が終わってやっと来た夜の空を仰ぐと、ちょうどもうすぐピーク(満月)に
なりそうな月がきれいに見えますね。 

どこかからの帰り道、ちょっと空を見上げて、月を眺めてみてはいかがでしょう?
[PR]
by miyano-sophie | 2008-06-16 21:32 | 本・映画・メディア

お婆ちゃんは魔女

TV番組・オーラの泉で取り上げていた話題。

お婆ちゃんは、みな、「生活をよりよく送るための知恵」を持っている
ということを表現した言葉。

そして、もうすぐ公開される、映画「西の魔女が死んだ」へ話題が広がる。
まだ、原作を読んでいないけれど、きっと私がこの間言ってたことを体現したものであると思われます。

まぁ、時系列で言うとこちらの本や映画のほうが先なので、
全くもっておこがましいのですが、
私はこのことを知らずに書いていたので、「百匹目の猿現象」なんでしょう、きっと。

映画もぜひ見てみたい!
でも公開中に行けるかなぁ・・・039.gif
[PR]
by miyano-sophie | 2008-06-11 15:44 | 本・映画・メディア