マルセイユタロット的ハッピーライフを提案するブログ。携帯からの最新記事は以前の記事からどうぞ


by miyano-sophie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

天使と悪魔

映画「天使と悪魔」を、やっと見てきました。
数年前、小説が書店にズラっと並んでいる時も、気にはなりつつ。

ロードショウということで、盛んに宣伝をしている頃にも
気にはなりつつ。

そんな時、人にリーディングして頂ける機会が
あったのでタロットカードに聞いてみることにしました。

「私は、天使と悪魔を映画館で観るべきでしょうか?」

More
[PR]
by miyano-sophie | 2009-06-22 19:54 | 本・映画・メディア

ISIS Ver. Tarot de Marseille

今月に入ってから、ISIS Versionのマルセイユタロットを使い始めました。
d0132212_14946.jpg

今年度に入ったあたりからは、そのパイロット版というか、途中段階の試作品を
縁があり使用していました。

新しくこの世に誕生したカードではありますが、より本来の「マルセイユタロット」に
近づけるようにした、と聞いています。

市場用のマルセイユタロットは、梨木から手彫りで型を作ったものがルーツですので、
それを踏襲して版画風の黒い縁取りと黒い陰影が描かれているのが一般的です。

つまり、二次元的に描かれています。

ですが、この度から使用しているその「新しい」カードは黒で表現する影が無くなり、
色の濃淡などで表現する、三次元的な描き方がなされています。

そのせいもあって、登場人物たちが、妙にリアルな感じで描かれています。

最初に、パイロット版を受け取って目にした瞬間の正直な気持ちを吐露しますと、
「うわっ!! 夢に出てきそう・・・・」 と感じたのです。
カードの持っているエネルギーのような何かが非常に強烈だなぁと感じ、
「仲良くやってゆけるのかな」と心配になる位だったからです。

全体的に人物が、美男美女になり(笑) 目がまるでフランス人形の目のように、
妙なリアルさがあると思いました。

こうすることによって、パスワーキング(瞑想の一種)をした時に、
よりリアルなエンティティ(霊的な存在)に出会えるメリットがあるとのことでした。
それを、後で知ったのですが、受けた印象はそう遠くなかったのですね。

でも、しばらくこのカードを使用するうちに、自分の方がカードに馴染んできた
ようです。

カードを人格化することは、非常に大切な概念なんですが、
本当に、人と出会ったような気持ちです。


053.gif鑑定のご案内についてはコチラをご覧下さい
[PR]
by miyano-sophie | 2009-06-22 14:58 | タロット

6月になりました

六月になりましたねー
カレンダーがもう半分になってしまいました。・・・早い!

これから入梅になってくると、雨が多くなりますけれど、
(雨が降るより晴れてるほうが好きだけど)
その陰鬱な気分を吹き飛ばすような
夏至に向かってぐんぐんのびていく「太陽の時間」と
すぐにはとっぷりと暮れず、「タンザニアナイト」が楽しめる
夕暮れが大好きです。


053.gif鑑定のご案内についてはコチラをご覧下さい
[PR]
by miyano-sophie | 2009-06-02 08:36 | 日常