マルセイユタロット的ハッピーライフを提案するブログ。携帯からの最新記事は以前の記事からどうぞ


by miyano-sophie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:本・映画・メディア( 36 )

読書

また、本が送られてきた。 ありがとうございます。
d0132212_20122192.jpg


「自分の小さな「箱」から脱出する方法」
周りで起こる人間関係のトラブルは実はすべて「自分」が原因であることを、やさしく教えてくれる全米ビジネス書ベストセラー本。

アービンジャー・インスティチュート 著
金森重樹 監修 冨永星 訳
四六判並製 280頁 定価1680円(本体1600円)
ISBN4-479-79177-9



「箱」が何なのかは、本書を読んで頂くとして、
とにかく、「自己欺瞞」がいけないのだと、例を使って教えてくれる。


実は読み終えてから2~3週間経つ。
最近、何か思いついたけどやめようかな、というときに「自己欺瞞」という
言葉が浮かぶようになった。

それだけでもすごい進歩だと思う。 読んだ価値があったと思う。

肩の上で悪魔と天使が戦っているような時。
今まではたいてい悪魔が勝っていた。

だって、面倒くさいんだもの。 どうせ大して変わらないんだもの。
そう思うことで納得させようとしていた。
「ああ面倒くさいから後で・・・(自己欺瞞・・・か・・・)今、やっとくか・・・」
と思えることが多くなった。


欺瞞をタロットカードで表すなら、「悪魔」のカードだ。
面倒だからしない、努力なんて大嫌い、楽していい思いだけしよう・・・
そういうの、悪魔は大歓迎してくれる。
だから、人はそこにずっと留まりたくなる。
だけど、その先に行くには、誘惑を断ち切らないといけない。
そういうことを教えてくれるカードだ。

でも、リーディングの時にこのカードが出ても、一概に悪いカードとは
言い切れない。
逆に言えば離れたくない位、魅力があるということだからだ。

箱があって、箱の中と外がある。これも、二元論かな。
[PR]
by miyano-sophie | 2007-11-07 20:51 | 本・映画・メディア

V字の胴上げ

テレビで見た話です。

長島茂雄さんは、巨人軍監督の時、
優勝が決まった時に胴上げされる場合、V字になったほうがカッコイイ
と思っていたので、60歳を過ぎていたそうですが、
その日に備えて腹筋を鍛えていた
そうです。

そして、その通り優勝して、見事V字で胴上げされていました。

これこそまさに成功脳だと思いました。

「こうなりたい」事が明確にイメージ出来れば出来るほど実現が近くなると言われています。
そして「もう既にそうなっている」前提行動するのです。

優勝するかどうかまだわからない状態のうちから「優勝して胴上げをされる」ことになっていて「じゃあ、V字がカッコイイ」から「腹筋鍛えなくちゃ」
というのがまさにそういうことですね。

いきなり大きいことを前提にしてしまうと自分自身が信じ切れず、そうすると
うまくいかないので小さいことからちょっとずつたくさん成功させていくのが
いいと思います!

そうは言っても簡単なようで結構難しいように思います。
今までの思考グセがなかなか抜けないからです。
少なくとも「失敗したらどうしよう」とか「どうせうまくいかないし・・・」などの
発想をやめることからはじめるといいかもしれませんね。


やっぱり、基礎は大事ってことですね!
[PR]
by miyano-sophie | 2007-10-29 23:59 | 本・映画・メディア

来年の準備

今、本屋さんや文具屋さんなどで、来年の手帳のコーナーが幅をきかせています。

私もそろそろ手帳を入手しようと思って何を買おうか考えていました。

今年は、はじめて「ほぼ日手帳」を使い、使い勝手のよさに来年もほぼ日だな。と
思っていたのです・・・・が。

今年は、タロットだけでなく占星術とも少しずつ関りが出来てきた一年でした。

タロットのことをもっともっと深く知ろうとすればするほど、占星術の知識も
必要になる。
それで、占星術のことも、少しずつ勉強をはじめています。

星の動きにも今まで以上に注目するようになりました。
もっと身近に感じるためには・・・・

それでたどり着いたのが、この 「星ダイアリー2008」 石井ゆかり著  
(幻冬舎コミックス B6版 ビニールカバーつき 税込1500円)

d0132212_14553053.jpg

ホロスコープを読めなくても星の運行がわかるようになっているので、
私のような初心者に向いているかな、と思って買ってみました。


それにしても、手帳ってどれもこれも
一長一短だと思うのは私だけですか?
方眼罫で六曜日もあったらいいのに・・・・
こうなったら自分で作るしかない?!
[PR]
by miyano-sophie | 2007-10-28 15:06 | 本・映画・メディア
今夜の 世界ふしぎ発見! は、「パリ エジプト化計画の謎」です!!!

この番組の中で、タロットカードのことが語られることはないと思いますが、
この歴史の中に登場してくる人物や団体や思想は、タロットカードと
深いつながりがあるのです。
(直接製作に関わったということではありません)

今日のO.A.が楽しみです。

テレビ番組ならではの素晴しい映像が期待出来そう!!

この写真のアングルも登場するといいな~
(わかりづらいと思うけど、この真ん中の道の突き当たりがルーブル美術館です)
d0132212_13515423.jpg


----

O.A.を見ました!!

え、そこをクイズにする?っていう問題ばかりで全然答えられませんでした(笑)
私の↑コレと同じ映像がやっぱり出てきたから嬉しかったです。
エジプトにも行きたいなぁ・・・
[PR]
by miyano-sophie | 2007-10-20 13:57 | 本・映画・メディア
私にしては珍しく、公開日に映画を見てきました。
「キングダム・見えざる敵」です。

ところが、始まってすぐに寝てしまいました!!
なので、私にこの映画について語る資格などないのですが、
ひとつだけ思ったことがあるのです。

最後の方に強烈なシーンがありました。
大音量の戦闘シーンの最中にはスヤスヤと寝ていたにもかかわらず、
その、ある重要なセリフの場面は
バッチリ見ていました。
私にとっては、このシーンだけ見れば充分で他は必要なかったのかもしれません。

あぁだから戦争が終わらないんだ・・・

と思いました。
映画制作者の思惑とはきっと違う方向にメッセージを受け取っているんだと思いますが・・・
[PR]
by miyano-sophie | 2007-10-13 23:05 | 本・映画・メディア

鏡の法則

昨年発売と同時に話題になったので、ご存知の方も多いかもしれませんが、この度
鏡の法則」の本を頂いたので、早速読んでみました。

・自分の人生は、心を映す鏡である
・自分の心の波長にピッタリな出来事が起こる
・人生の問題を根本的に解消するには、自分の心の中の原因を解消する必要がある

そして、根本的解消に必要なこととして
・自分自身を許すことが大事と書かれていました。

自分の人生は、心を映す鏡である
は、タロットリーディングと一緒ですね。
タロットも心の鏡と言われています。
抱えている問題を解決するために、タロットリーディングを活用する、というのは
有効な手段だと思います。
目標達成のためにどうしたらいいのかということを、カードを展開することによって象徴によって教えてくれるからです。
そのメッセージをどう受け止めるのかは質問者自身です。
でも、自分の人生に責任を持ってよりよく生きようとする人は、必ず人生が拓けていくはずです。

だって、人生は心の鏡
なのですから。
d0132212_17413852.jpg

[PR]
by miyano-sophie | 2007-10-06 17:50 | 本・映画・メディア